本文へ移動

マシンシリーズ

B.M.L.T.カムマシンシリーズ ※ラインナップの一部を掲載

CLA・SHOULDER<CLAVICLE> 4D-2000

CLA・SHOULDER<CLAVICLE> 4D-2000
座位にて、レザーハンドル(内部はスポンジです)を手部で把持し、手首より肘が高い状態を維持したまま、肩甲骨、鎖骨を中心とした上肢の動きを引き出す装置です。
片側毎の動作をベースとしております。
本装置は運動中にB.M.L.T.カムの軸回旋が可能で、肩腕の立体的な動作を引き起こします。歩行時の肩、腕のスイング動作のように、身体後方での、捻りを伴う肘の挙上動作が可能です。

CLA・SHOULDER<CLAVICLE>4D-2000(STANDING

CLA・SHOULDER<CLAVICLE>4D-2000(STANDING)
 
立位にて、手首より肘が高い位置を維持したまま、鎖骨、肩甲骨を中心とした上肢の立体的な動きを引き出す装置です。
 
立位で上肢の機能強化、改善を行えるため、立位バランスと肩腕機能の関連性の向上が図れ、競技、日常生活でのより運動強度の高い状況を想定したトレーニングが可能です。

SCA・BACKS <SCAPULA> 4D-1000

SCA・BACKS <SCAPULA> 4D-1000
※専用レッグレスト(別売)
両手でハンドルを保持して、両方の上肢で運動する装置です。
 
​左右のB.M.L.T.CAM BOXがいつも同じ高さを維持する構造により、左右両上肢間の機能調整を図り、機能連関を高めます。
また、レッグレスト(別売・上下可変式)に片方の脚を載せ、骨盤、股関節、脚の位置を左右で異なえても、両上肢が同じ高さで運動できます。
この動作形態は、臀筋群、大腿部、下腿部など下肢の筋の合理的な活動を誘発でき、肩、体幹部、脚の機能連関の向上を図ることが可能です。
合理的な歩行、走行に重要な「体幹部の前方への移動」動作と上肢・下肢の運動が合理的にリンクするので、下肢の故障改善、機能向上を含む歩行、走行能力向上を目的とすることが可能です。

SCA・BACKS <SCAPULA> 4D-2000

SCA・BACKS <SCAPULA> 4D-2000
座位にて、肩甲骨、鎖骨を中心とした上肢の動きを改善、強化する装置です。

軸回旋可能なB.M.L.T.カムに連結されたハンドル部に手指を掛け、上肢の拳上、下制の間に肩と上肢の捻りを伴うダイナミックな動き(時にポイントを制限した精巧な動き)を誘発し、肩腕を中心に頸部、体側部などの機能改善に御使用頂いております。
本装置は、適切に使用すると「肘を曲げて引き下ろす」ことなく肩、上肢の運動が行えます。主に肩、上肢の運動ですが、座る位置、脚の位置、座面の角度を変えるなど、特殊なアプローチにより、体側部(腹部)、臀部などの合理的な活動を誘発することが可能です。
片側のみ動作することをベースに、ケースによって両側同時の動作を実施頂くことがございます。

SCA・BACKS <SCAPULA> 4D-2000 RAD

SCA・BACKS <SCAPULA> 4D-2000 RAD
 
SCA・BACKS<SCAPULA>4D-2000のハンドルの構造を変え、手首の機能改善、肩の機能改善を目的として、①とは運動角度の異なった動作を可能にした装置です。

HIP・LEGS<HIP JOINT> 4D-1000

HIP・LEGS<HIP JOINT> 4D-1000
HIP・LEGS<HIP JOINT>4D-2000と共通要素を持ちながら、それぞれの構造の違い(シートの角度、可能姿勢)、異なる運動様式が機能改善のレベルを高めます。両者でターゲットポイントが異なります。
 
本装置は、脚部の屈曲、伸展を「直線的な動作」で行うことが特徴的です。
 
反対側の脚を身体後方に位置させて動作側のふくらはぎ、膝窩部(膝の裏側)の状態改善をメインターゲットとする動作、両側で交互に脚の屈曲、伸展を高速度で行う動作、片足をB.M.L.T.CAM BOXにセットして安定バランスを形成した状態で、反対側のみ積極的に屈曲、伸展を反復する動作などがあります。

HIP・LEGS<HIP JOINT> 4D-2000

HIP・LEGS<HIP JOINT> 4D-2000
座位で、骨盤、股関節、脚の捻り動作を伴いながら、脚の屈曲、伸展運動を行う装置です。
 
足関節の底背屈動作を妨げないので、歩行、走行時の、地面に対する足部の角度変化に近い状態で、骨盤、股関節を中心とした脚全体の合理的な活動、動作を誘発し、「座位のまま、歩行、走行のレベルアップが図れる」装置です(この特徴は、6、8、9にも共通しています)。
 
HIP・LEGS<HIP JOINT>4D-1000が「直線的な動き」であるのに対し、本装置は、「(身体、骨盤の)回転」を大きく伴うことが特徴の一つです。下肢の関節の屈曲角を大きくして、「膝を割る」動作の反復、練習にも御使用頂いています。

PEL・GLUTEUS<PELVIS> 4D-2000

PEL・GLUTEUS<PELVIS> 4D-2000
 
「HIP・LEGS<HIP JOINT>」は身体前方へ、「GLU・PELVIS SWING<GLUTEUS>」は身体後方へ脚を伸ばす動作でしたが、本装置は、「身体の横方向」へ脚を伸ばす動作を行います。

骨盤の動きを引き出し、立位姿勢の維持、歩行バランスの維持に大きく貢献する大腿部の内側、外側の筋、神経系の機能向上、バランス調整に有効です。

GLU・PELVIS SWING<GLUTEUS> 4D-1000

GLU・PELVIS SWING<GLUTEUS> 4D-1000
 
座位で、脚の後方への振り出し動作が可能な装置です。
他の下肢用装置(HIP・LEGS<HIP JOINT>、PEL・GLUTEUS<PELVIS>)も共通要素を持ちますが、特にこのGLU・PELVIS SWING<GLUTEUS>は、大きな股関節伸展動作が可能です(歩行、走行に重要な身体動作の一つと言われております)。
2
9
1
7
9
1
3
株式会社
ワールドウィングエンタープライズ

〒680-0843
鳥取県鳥取市南吉方1-73-3

TEL.0857-27-4773
FAX.0857-29-8450
TOPへ戻る