本文へ移動

会社案内

小山裕史 経歴

★株式会社ワールドウィングエンタープライズ 代表
★B.M.L.T.生命医科学研究所 所長
 
 小山 裕史(Yasushi Koyama)
 
★早稲田大学大学院人間科学研究科博士過程終了
  博士(人間科学)(早稲田大学)
 
・初動負荷理論
・制御〔神経筋制御〕〔運動制御〕
・バイオメカニクスの研究者

〔研究歴〕

♠1981年
 ワールドウィング(現・(株)ワールドウィングエンタープライズ)を設立。
 同年代より、J.O.C.傘下各競技の強化・動作研究に従事する。
’94年、神経筋制御,反射機構促進を主題とする初動負荷理論を発表。本理論とその実践方法である初動負荷トレーングに基づく動作(フォーム)改善、機能改善、故障改善とその予防などに手腕を発揮し、多くの五輪メダリスト誕生に貢献。
プロ・アマスポーツ選手の指導にあたり現在に至る。 ヨーロッパ・サッカー、韓国プロ野球、 また故障改善、機能改善を求めて海外からの来訪者も多い。
 
このように、初動負荷トレーニングは、故障の早期回復,機能改善,麻痺改善,発育促進,高齢者にも有効なトレーニングとして数多くの事例が検証され、更なる敷衍(ふえん)・普遍化を目指して医師たちとの研究を進めている。
 
前記,初動負荷理論を具現化した「B.M.L.T.(国際特許)カムマシン」、スポーツ、医療にも用いられる高機能シューズ「ビモロシューズ(国際特許)」など、物理・工学研究に基づく発明も多い。著書、多数。
 
<歴任>
高崎健康福祉大学 保健医療学部理学療法学科 教授(2014年10月-2017年9月)
鳥取大学客員教授〔医学部〕歴任
日本スケート連盟、全日本柔道連盟、日本水泳連盟、日本陸上競技連盟、フィットネスコーチ、科学サポート班等を歴任し、現在に至る。

〔初動負荷理論の主な研究発表〕

・ACSM(アメリカ・スポーツ医学会)
・ISB(国際バイオメカニクス学会)
・ISEK(国際電気生理学&キネシオロージ学会)
・EJAP(ヨーロッパ応用生理学会学術誌:論文)

主な研究業績

【学位】
人間科学博士(早稲田大学)
 
【所属学会】
日本体育学会
日本体力医学会
一般社団法人日本臨床スポーツ医学会
 
【研究業績】
≪学術論文≫
・H.Kobayashi,Y.koyama,R.M.Enoka,S.Suzuki:A unique form of light-load training improves steadiness and performance on some functional tasks in older adults.Scand J Med Sci Sports 2014:24:98-110
・Beginning Movement Load Training-Induced Neuromuscular Adaptations in Humans 初動負荷トレーニングによる神経筋の協応能の変化とその解析.査読有(2011)[学位論文]
 
≪学会発表≫
・武田直人,小山裕史(2014) 足骨及び踵骨の各年齢における変化とシューズについての検討.第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会,東京
・Kobayashi Hirofumi,Koyama Yasushi,Suzuki Shuji:”Beginning movement load training improves steadiness of older adults during submaximal isometric contractions.”18th Congress of the International Society of Electromyography and Kinesiology.(20100106-20100107).早稲田大学

〔英論出版物の御案内〕 ヨーロッパ応用生理学術誌

Springer
Koyama Y, Kobayashi H, Suzuki S, Enoka RM: Enhancing the weight training 
experience:
a comparison of limb kinematics and EMG activity on three machines.
European Journal of Applied Physiology, 109(5): 789-801 (2010)

〔主な著書〕

・トレーニング革命/ベースボール・マガジン社('85~'89)
・新トレーニング革命/講談社('91'~94)
・[新訂版]新トレーニング革命-初動負荷理論に基づくトレーニング体系の確立と展開/講談社('94~'08)
・初動負荷理論による 野球トレーニング革命/ベースボール・マガジン社('99.12~)
・夢の途中で(エッセイ集)/講談社
・「奇跡」のトレーニング 初動負荷理論が「世界」を変える/講談社('04.1.15~)
・小山裕史のウォーキング革命/講談社('08.2.20~)
・希望のトレーニング/講談社(編)小山裕史(監修)('08.7.31~)
 
その他、医学図書への執筆も多い

〔講演/講習歴〕

・日本整形医学会
・日本スプリント学会
・トレーニング科学研究会
・各都道府県教育委員会、各都道府県医師会、大学、体協、警察、消防等、400回以上

会社概要

会社名
株式会社ワールドウィングエンタープライズ
所在地
〒680-0843 鳥取県鳥取市南吉方1-73-3
電話番号
0857-27-4773
FAX番号
0857-29-8450
代表者
代表取締役 小山 裕史
設立年月日
1981年4月19日
運営事業
1. B.M.L.Tカムマシン事業
2. BeMoLoシューズ事業
3. 提携施設展開事業
4. トレーニング指導/指導者研修・育成事業
5. B.M.L.T生命医科学研究所  

株式会社ワールドウィングエンタープライズ

〔通称:ワールドウィング Head office〕
 
1981年設立.初動負荷理論を基に,各種競技の動作改善・故障改善・コンディショニング・麻痺改善研究と研修などの実践施設
株式会社ワールドウィングエンタープライズ
ホテル ユニオンプラザ
B.M.L.T.生命医科学研究所

【事業内容】

◇B.M.L.T.カムマシン事業部
・ B.M.L.Tカムマシンの製造・リース
・ 医療用リハビリテーションマシン(医療機器)の製造・リース
・ 研究開発

  国際特許: 初動負荷トレーニングマシーン<トレーニング器具>
         日本特許:第4063821号、日本特許:第4063827号、韓国特許:第817827号、米国特許:第7686746号、
               中国特許:ZL200580036645.X、香港特許:HK1107044
  分割特許:B.M.L.T.カム<トレーニング器具>
               日本特許:第4559440号、米国特許:7892153号
 
 導入施設及び団体:指導提携施設,医院賛助会員施設ほか日本・韓国プロ野球球団,メジャーリーグ,福利厚生を目的とした
           企業・団体などにも多数導入されています.
 
 

【医療用リハビリテーションマシン】



医療用リハビリテーションマシン(2015年4月~)
2015年4月 行政より医療機器製造からリース販売までの許可を取得し、B.M.L.T CAMを搭載した医療用リハビリテーションマシン(医療機器)の取り扱いを開始しました。
 
 医療機器製造業登録
 登録番号 第31BZ200012 号
   第3種医療機器製造販売許可
 許可番号 第31B3X00001 号
   高度管理医療機器等販売業・貸与業許可
 許可番号 第0441 号
 
医療機器製造販売届出書受付製品名
・MDクラビクル4D-2000 ・MDスキャプラー4D-2000 ・MDヒップジョイント4D-2000
・MDペルビス4D-2000 ・MDスタンディングヒップジョイント4D-3000
・MDスタンディングクラビクル4D-2000 ・MDグルテウス4D-2000
 
BeMoLoシューズ事業部
  • BeMoLoシューズ国内外への展開
  • 医療機関への導入・展開
  • メジャーリーグ/国内外プロ野球選手へのBeMoLoシューズ・スパイク提供
  • 研究開発
 
国際特許:BeMoLoシューズ<ソール及びこれを備えた履物>
            日本特許:第4590455号、韓国特許:第0966709号、米国特許:第8127467号、
                中国特許:ZL200780001095.7、EP(ドイツ・フランス・イタリア)特許:1941808
販路:指導提携施設、賛助医院、百貨店、大手スポーツ用品量販店、小売店
BeMoLo®シューズに関する商標権:『高機能シューズBeMoLo』
                 『高機能BeMoLoスパイク〈野球, 陸上, ゴルフ, サッカー〉』
                 『4次元フラット』 
◇ワールドウィングエンタープライズ指導提携契約施設:国内/海外展開事業部
                             ※指導提携施設/賛助医院一覧はこちらから
  国内外の指導提携施設の展開・運営指導
  医療機関【病院・医院賛助会員施設】へのB.M.L.Tカムマシン導入
  指導提携施設スタッフの継続的な指導研修の実施
  国内外の指導提携施設の展開・運営指導
  医療機関【病院・医院賛助会員施設】へのB.M.L.Tカムマシン導入
  指導提携施設スタッフの継続的な指導研修の実施
 
 
◇ワールドウィングエンタープライズ自社施設<ワールドウィング>運営部
  ・滞在型トレーニングキャンプシステム
  ・スポーツ競技指導(チーム合宿, プロ,オリンピック含むフォーム改善)
  ・動作改善・故障改善・機能改善研究施設
  ・トレーニング研究施設:各社,各官庁の福利厚生施設としてのご利用
  ・健康増進トレーニング指導、高齢者介護予防事業委嘱
  ・医師, PT, OTの研修合宿開催
  ・初動負荷トレーニング指導士の育成 
 
 
第一トレーニング施設内部 
玄関イルミネーション
(冬季)
玄関入口「栄光コーナー」
トレーニングルーム受付
カウンター横ショーケース
血圧測定台
トレーニングルーム内
故障、麻痺改善研究と実践
スポーツ指導風景

〈Group〉ホテルユニオンプラザ

キャンプ(滞在型トレーニング合宿)と取材のメッカ

〈Group〉B.M.L.T.生命医科学研究所

【研究内容】
 
・初動負荷理論の研究(動作改善研究,故障改善研究,機能麻痺改善研究)
・初動負荷トレーニング指導士育成
・動作解析, 筋電図学的調査・分析, 神経伝達速度分析, 圧力分布調査,
 B.M.L.T.カムマシン,高機能シューズBeMoLoの工学的分析など.
・医師, PT, OTの研修合宿
 
【所有する主な研究機材】
 
・足底圧分布計測システム footscan(zero cseven社)
・多チャンネルテレメータシステム WEB-7000(日本光電社)  
・3次元ビデオ動作解析システム frame-DIASV (株ディケイエイチ社)
・床反力計測システム 9260AA6(キスラー社)
・ルーチン用実体顕微鏡(Leica M205A:Leica Microsystems社製)
・携帯型近赤外線組織酸素モニタ装置(PocketNIRS Duo:DynaSense社製)
・3軸加速度・3軸角速度センサ(MVP-RF8-HC:MicroStone社製)
TOPへ戻る